いきなりスマホにするのが不安なシニアの方へ



スポンサーリンク

教室に通う生徒の方のでシニアの方はスマートフォンに興味はあるけれど
使いこなせるか不安で踏み切れない方が多くいらっしゃいます

シニアの方が不安な「アプリ」

スマートフォンをお使いになると、毎月の通信費が固定で必要になります
通話・メールだけならガラケーでも可能ですが
スマートフォンを持つようになると
インターネットでの検索、地図、カメラ、ゲームなど
様々な「アプリ」を使いこなす必要があります

この「アプリ」に対するご不安が、シニアの方がスマートフォンへの機種変更に踏み切れない理由のようです

こうしたシニアの方に、私が教室でお勧めしているのが
「ipod touch」です
apple社の音楽プレイヤーとして発売したipodですが
現在発売しているモデルはiphoneと同じようにアプリの操作ができるのです

iphoneとipod touchを比較してみました

iphoneとipod touchの大きな違い

■電話ができるか、できないか
■外でインターネットができるか、できないか
■毎月の固定費がかかるか、かからないか

電話回線を利用できるiphoneは使う場所を選びません
電波が届く場所なら、どこでもインターネットや通話ができます
その分、月々の固定費が必要になってきます
スマートフォンの費用は通話料も含めると平均して1万円近くかかります
通話をしていなくても、通信費用は固定でかかります

教室にいらっしゃるシニアの方で、自宅Wi-fi回線を利用したうえで
「機械に慣れる」のを目的としてipod touchをお勧めしています

次は実際に画面を比較してみます

iphoneとipod touchでそれぞれの画面を比較しました

ホーム画面


iphoneは4.7インチで、ipod touchは4インチの画面です

目が悪くて、見づらい方にはipod touchは不向きかもしれませんね
その場合、持ち運びはしづらくなりますが、ipadを選ぶこともできます

インターネットを表示してyahooの画面にしてみました

地図アプリです


画面は小さいですが、指先でズームすることができるので見えづらいと感じることはありません

メモ帳アプリ


入力するためのキーボードの大きさは変わらないので、打ちづらく感じることはありませんでした

いかがでしたでしょうか?
画面の大きさが気にならないようでしたら、ぜひipod touchでスマホ操作になれてみてください
apple製品の良い所は、操作性が統一されている所です

ipod touchでスマホ画面の操作やアプリの操作に慣れてから、実際のスマートフォンに機種変更してみてください

今回ご紹介したipod touchはこちらからお買い求めいただけます

練習用と割り切って使えば、16Gの容量で十分だと思いますよ

次の記事で実際にipod touchを使った練習方法をまとめてみます
>>ipod touchでのスマホ基本操作の練習

『それではパソコン生活をお楽しみください』

今回の記事が面白かった!と感じてくださったら、
↓のアイコンをクリックいただけると励みになります
にほんブログ村 IT技術ブログ ITインストラクターへ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 PC家電ブログへ
にほんブログ村



スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

15年間パソコン教室の講師を勤め、たくさんの生徒様からのご質問に真摯に向き合い、培ってきたことを1記事ごとにまとめました。 これからパソコンに挑戦される方にも、 さらにスキルアップをお考えの方にもお読みいただきたいブログにします