USBメモリー3.0と2.0の違いを調べてみました



スポンサーリンク

USB3.0の端子にUSB2.0のメモリーを使うことができますか?

先日教室に通う生徒の方から、USBメモリーについてご質問頂きました

「私のパソコンはUSB3.0と記載されているが、USBメモリーがUSB2.0なので使うことができますか?」と

それまでは、私自身もそれほどUSBの違いを意識していなかったのですが
せっかくの機会なので、どのくらいの速度差があるのか調べてみました

USB3.0と2.0の見分け

最初にUSB3.0とUSB2.0の違いを見分ける方法は
お使いのパソコンやUSB機器の端子部分の色で区別できます
「青色」端子の場合が3.0となります

接続機器のUSBポートが「青色」の場合USB3.0

「黒」「白」端子は2.0です

端子部分が「黒」または「白」の場合はUSB2.0です

USBメモリーを取り扱うメーカーホームページを見てみると

USB 2.0の転送速度は理論値が480Mbps

USB 3.0の転送速度は理論値が5Gbps (5,000Mbps)となっているので、その差は10倍となります

ただし、比較についてはあくまで理論値とのことで実際には2倍〜5倍の速度差との事

パソコン側の端子がUSB3.0で、USBメモリーの端子がUSB3.0ですと、最高速度でデータ転送が行えます(データ転送とは、単純にUSBメモリーへの保存をする際にも影響します)
パソコン内のデータを引っ越しする際、中継に使うUSBメモリーはぜひ3.0を選んでいただきたいですね

USBメモリーの場合、2.0と3.0では約2倍の差があるそうです
もっと容量の多い、外付けハードディスクを使う場合、良さの差は5倍開くようです

パソコン側の端子がUSB3.0で、USBメモリーがUSB2.0の場合の速度は?

パソコン側とUSBメモリの速度が違う場合は、遅い方の速度に合わされます
今回は、使うことができるか?というご質問だったので、問題なく使うことができますとお答えしました。

続けて、スマートフォンの接続用ケーブルについて

スマートフォン用のUSBケーブルにはいくつか種類があります

Iphoneをご利用の場合は、ライトニングケーブル

Androidのスマートフォンをご利用の場合は
MicroUSBとUSCタイプCの2種類

MicroUSBケーブル

USBタイプCケーブル

Android用のMicroUSBケーブルにはデータ転送ケーブルと充電専用ケーブルもあり
用途をしっかり確認した上で購入しないと間違えてしまいます

迷わないためにどうするか?

MicroUSBケーブルの充電用とデータ転送用の違い

充電専用のケーブルは転送端子がショートさせてあるため、急速充電を行うことができます

購入する場合には、商品名や説明文をしっかり確認してください

Amazonでの購入の場合

お使いのスマートフォン機種名とケーブルで検索する

パソコンのデータ引越しにオススメなのが「USBリンクケーブル」

USBケーブルについて、調べている時に見つけたのが

USBリンクケーブル

この商品は、パソコンを新しく買い替えた時などパソコン間でのデータの移行をリンクケーブルをつなげるだけで行えるようになります

つい先日も、私は生徒の方のパソコン内のデータ移動をUSBメモリーを使って行なっていました
古いパソコン内のデータをまとめて、USBメモリーにコピーし、新しいパソコンへ移動する
数時間かけて行なっていた作業が、リンクケーブルを新旧パソコンに接続すると、画面内でデータをドラッグ&ドロップするだけで移行できるとの事

これは試してみなければなりませんので、改めて使って見た様子をまとめたいと思います

普段何気なく使っているUSBメモリーも一旦調べだすと、とても奥が深くてあっという間に時間が過ぎてしまいました

『それではパソコン生活をお楽しみください』

今回の記事が面白かった!と感じてくださったら、
↓のアイコンをクリックいただけると励みになります
にほんブログ村 IT技術ブログ ITインストラクターへ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 PC家電ブログへ
にほんブログ村



スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

15年間パソコン教室の講師を勤め、たくさんの生徒様からのご質問に真摯に向き合い、培ってきたことを1記事ごとにまとめました。 これからパソコンに挑戦される方にも、 さらにスキルアップをお考えの方にもお読みいただきたいブログにします