iPadにSDカードのデジカメ写真データを取り込む



スポンサーリンク

iPadにデジタルカメラで撮影した写真を取り込むために、Lightning to SD Card Camera Readerを購入しました

アップル純正品を選びました。社外品も多く発売されていますが、純正品は安心感があります。

iPad Proにもカメラ機能は付いていますが、出先で撮影するにはやはりデジカメの方が撮影も早くて便利です。

スマートフォンのカメラ機能が発達して、デジカメが不要になってしまうのでは?と懸念されている時期もありましたが、高解像度で綺麗な写真が撮れる一眼レフカメラやミラーレスカメラは人気がありますね。

私もiPhoneのカメラで済ませてしまうことが多かったのですが、最近ふと思い立ってカメラを持ち出すようにしました。デジタルカメラならではの細かい設定ができるので撮影が楽しめます。

気温が上がり、観光地には一眼レフカメラを首から下げたご年配の方の姿を多く見かけるようになりました。皆さんご自分の足で歩いて、見たものを撮影して楽しんでおられるようですね。

私は自分で撮影した写真をiPad Proの水彩の下絵にしたり、Adobe PS Expressというアプリで写真加工したりして楽しんでいます。

iPadにデジカメ写真を取り込むには、パソコンからitunesを介して転送する方法が一般的ですが、Lightning to SD Card Camera Readerを使えばiPadの画面で取り込みたい写真をタップするだけで一瞬で取り込みできてしまいます。

Lightning to SD Card Camera Readerの使い方

Lightning to SD Card Camera Readerの使い方はとっても簡単です。SDカードを差し込んだ状態でiPadのLightningコネクタに差し込むだけで取り込むことができます。

画面に表示された写真を選んで、取り込むだけ。

これでiPadの写真アプリの中に保存されます。

写真の取り込みがとっても簡単です

今回ご紹介したLightning to SD Card Camera ReaderはAmazonショッピングサイトで購入することができます

Apple Lightning SDカードカメラリーダー/MJYT2AM/A

出かけた先で、カメラで撮影した写真を大画面で皆に見てもらったり、ご自分で確認する際にもひとつお持ちになっているとたいへん便利になると思いますよ。

取り込んだ写真をiPadで楽しむために、水彩画の下絵にする方法もご紹介しています

『それではパソコン生活をお楽しみください』



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

15年間パソコン教室の講師を勤め、たくさんの生徒様からのご質問に真摯に向き合い、培ってきたことを1記事ごとにまとめました。 これからパソコンに挑戦される方にも、 さらにスキルアップをお考えの方にもお読みいただきたいブログにします