シニアのパソコン.comの使い方

パソコンでお困りなことや知りたいことは、シニアのパソコン.comで解決できますよ。

>>知りたいことを検索する方法<<

小田急線の試運転車両テクノインスペクターに遭遇 Wordで絵手紙作成してみました



スポンサーリンク

今回の記事でお伝えすること
対象者:Wordの操作ができる方
ハガキ作成、写真の挿入、フチなし印刷

小田急線の藤沢駅にて、試運転車両のテクノインスペクターに遭遇しました

珍しい車両だったため、写真撮影

早速インターネットで、車両について調べてみました

インターネットで調べるには、Wikipedia(ウィキペディア)が向いています。

小田急 テクノインスペクターについて

車両についてご興味がある方は、ぜひウィキペディアでお読みください

シニアのパソコン.comの作成レシピ

今回撮影した写真を使って、Wordで絵てがみを作ってみました

Wordを使って絵手紙作成の手順

  1. ページ設定
  2. 写真の挿入
  3. 写真加工
  4. 写真に文字入れ
  5. フチなし印刷

Wordを起動します

1,ページ設定

「ページレイアウト」タブの「サイズ」をクリックして、「はがき」を選びます

サイズ一覧にはがきがない場合
お使いのパソコンにプリンタ接続をしていない場合、はがきサイズが表示されない場合があります。

一覧に表示されない場合、「その他の用紙サイズ」から「100×148」と入力すればはがきサイズとして設定できます

はがきサイズに変更出来たら、余白を「狭い」に設定します

2,「写真の挿入」

挿入タブから「図」※もじくは「画像」をクリックして、ピクチャ内から写真を選び、挿入します

写真が挿入されました

Wordに挿入された写真は、このままでは移動することができないため、「図」ツール「書式」タブ内の「文字列の折り返し」をクリックして「前面」を選びます

続けて、2枚目の写真を挿入します

2枚目の写真をそ入すると、先ほどの写真の後ろ側に隠れてしまいます

こうなっても慌てず「文字列の折り返し」を「前面」に変更すれば、2枚目の写真も同様に表示されます

2枚目の画像が表示されました

3,写真の加工

挿入した画像は、「図」ツール「書式」タブ内の「修正」ボタンで明るさの変更や、「色」ボタンで色の強度を変更することができます

他にも「スタイル」を設定することで、写真の周りに効果を付けることもできます

「図形」を使って、背景色を「コルク」に変更できます

挿入タブの図形をクリックして、「四角形」をハガキ全体に作成します

ハガキ全体を覆うように作成した四角形を「図形の塗りつぶし」→「グラデーション」→「コルク」と変更します

写真が四角形に隠れてしまっていますが、裏側にあるだけなので、作成した四角形の「文字列の折り返し」を「背面」に変更しましょう

「描画ツール」「書式」タブ内の文字列の折り返しを背面にすると、背景として設定されました

4,写真に文字を挿入

Word内の写真に文字を入れる方法は、ワードアートを利用します

ワードアートの操作方法は、以下の記事を合わせてお読みください

Wordで写真に文字を追加する方法-100円ショップの商品でフォトフレームを作る

2018.06.06

5,フチなし印刷

完成したハガキを印刷します。このまま印刷するとハガキのふちが残ってしまいます

フチなし印刷を行えるよう、プリンター設定を変更します

ファイルタブの印刷をクリックすると、印刷プレビューが表示されます

「プリンターのプロパティ」をクリックしてください

「お使いのプリンターのプロパティ画面です」

プロパティ画面はプリンタメーカーによって異なります
お使いのプリンターメーカーによってプロパティ画面に表示される項目は違います

今回はキャノン製のプリンタ画面です。お使いのプリンターでフチなし印刷が可能かどうかを確認してみてください

「フチなし全面印刷」にチェックを入れます

 

「フチなし全面印刷」に対応している用紙に変更します「OK」をクリックしてください

実際に印刷してみました

フチなし印刷を行ったハガキは、ハガキのフチまできれいに印刷されています

今回のように、ご自分で見つけた景色を写真で撮影して、パソコンを使って作成ができるようになると楽しみが広がります

せっかく撮影していもカメラに入れたまま・・・という生徒の方もたくさんいらしています

パソコンを学習することで、こうした写真を「活かす」ことができるので、ぜひ挑戦してみてください

『それではパソコン生活をお楽しみください』

 

 

 



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

15年間パソコン教室の講師を勤め、たくさんの生徒様からのご質問に真摯に向き合い、培ってきたことを1記事ごとにまとめました。 これからパソコンに挑戦される方にも、 さらにスキルアップをお考えの方にもお読みいただきたいブログにします