シニアのパソコン.comでパソコン・スマホのトラブル解決!

パソコンやスマホでのお困りごとを写真付きで解決しています。
>>困ったこと・知りたいことを検索する<<
「わからないことだけ知りたい」
「困ったことだけ解決したい」
とお考えの方は、まず検索してみてください

Excelでの小テクニック「F4」キーで「繰り返し」



スポンサーリンク

ご年配の方にも、すぐに役立つテクニックをご紹介する記事をご用意しました

今回ご紹介するのは、Excelで知っておくと便利な繰り返し操作です

キーボードのファンクションキーを使うことで「繰り返し」が行えます

今回活躍するのはキーボードの「F4」キーです

ご自分のキーボードでF4キーを確認してみてください

Excelで簡単な表を作ってみました

この表を使って「繰り返し」を練習してみましょう

まずどこか1か所に「塗りつぶし」をします

お好きな場所にお好きな色で塗りつぶしをしてみてください

塗りつぶしの操作は、

  1. 「塗りつぶす個所を選択」
  2. 「ホーム」タブの「セルの塗りつぶし」をクリック
  3. 「色を選ぶ」

という3段階での操作です

それではF4キーを使って繰り返しを行いましょう

次に、別の場所を選択します

「F4」キーを押してください

塗りつぶしのボタンを使わずに、先ほどと同じ色にすることができました

何度も繰り返しを行うときには、「選択」→「F4」で同じ操作をすることができます

行の高さの変更を繰り返してみましょう

行の高さの変更や、列の幅の変更でもF4キーは有効です

Excelで表を作るときは、高さや幅を1か所で試して、他の場所にも・・・という作り方をします

どこでもよいので、1か所行の高さを変更します

指定した行内で右クリック→行の高さ→数値入力→OKと操作します

(わたしは3行目を25ポイントに変更しました)

次に、変更したい行を選択して、F4キーを押します

先ほどの操作と比べると

  1. 選択→右クリック→行の高さ→入力→OK
  2. 選択→F4

このように短縮することができました

パソコンには、このように知っておくと便利な機能がたくさんあります

すべて使えるようになるのは、難しいですが

普段お使いの中で、ちょっと便利になる機能は引き続きご紹介いたします

Excelの画面を取り込む方法

生徒の方にご質問いただきました、

「作業中の画面をどのように取り込んでいるのか?」

今回ご紹介したExcelでの操作画面は

「スクリーンショット」

という機能を使って画面保存しています

市販のテキストでも、画面を表示して解説文を加えています

スクリーンショットを使えば、テキスト作成は個人でも行えます

町内会やPTAで使いたいとお考えでしたら、画面保存の記事もぜひお読みください

パソコンの画面を保存する方法「スクリーンショットの使い方」

2018.01.12

『それではパソコン生活をお楽しみください』

 

 



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

15年間パソコン教室の講師を勤め、たくさんの生徒様からのご質問に真摯に向き合い、培ってきたことを1記事ごとにまとめました。 これからパソコンに挑戦される方にも、 さらにスキルアップをお考えの方にもお読みいただきたいブログにします