パソコンやスマートフォンで疲れた目に「リラックス効果のあるストレッチ」



スポンサーリンク

長時間パソコンを使っていると、自然とまばたきの回数が減るため、

目が乾いたり、目の奥が重くなったり

といった症状を経験されている方も多いと思います。

さらには目の疲れは肩こりなどの症状に進展することもあるそうです。

パソコンやスマートフォンを使うときは

1時間ごとに10~15分の休憩をとり、目を休ませてあげましょう。

疲れ目の改善やリフレッシュには、目の周りの筋肉をほぐすストレッチが効果的です。

疲れ目が改善する、目のストレッチ

目の疲れに効果的なストレッチ方法を紹介します

まずはじめに、目をぎゅーっと閉じて、「ぱっ」と開きます

これを5回繰り返してください

次に、眼球を動かします

上→下→右→左

これも5回繰り返します

最後に眼球を回転させます

右回転→左回転

これも5回繰り返します

はい、お疲れ様でした。

まばたきをすることで、目に潤いが保てたはずです。

教室でも、生徒の皆さんは学習に集中され2、3時間があっという間!とおっしゃいます。

少しの休憩時間を入れることで、パソコンを健康的に楽しむことができます

パソコンインストラクター愛用の目薬「アイストレッチ」

パソコンインストラクターの仕事を長くしているため、わたしも目の渇きや目の疲れを感じることが多くあります。

色々な目薬を試してみましたが、一番のオススメはこれ

ロート製薬から発売されている「アイストレッチ」

目薬をさした後、目をぎゅーと閉じるとマッサージされたような感覚になります

パソコン、スマートフォンでの目疲れに目薬を探しておられたら、ぜひお試しください

目の疲れや肩こりの改善にタッチタイピング

キーボード入力が原因で目の疲れや肩こりが発生します。

前かがみになって、画面とキーボードを行ったり来たり目が動いているのが原因です。

キーボード入力をタッチタイピングで行うことで、

正しい姿勢で入力するため、目の疲れや肩こりが改善します。

タッチタイピングの記事は、こちらを合わせてお読みください

パソコンでの目の疲れ、肩こりに、タッチタイピングのススメ

2017.12.20

パソコンやスマートフォンでわたしたちの生活はとても豊かになりました

その分、1日のうち、数時間は画面を見ている。という毎日が当たり前になりました。

そうした毎日を、健康的に過ごすために少しでも目を休める工夫を取り入れてみてください。

『それではパソコン生活をお楽しみください』



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

15年間パソコン教室の講師を勤め、たくさんの生徒様からのご質問に真摯に向き合い、培ってきたことを1記事ごとにまとめました。 これからパソコンに挑戦される方にも、 さらにスキルアップをお考えの方にもお読みいただきたいブログにします