iPhoneのAirDrop(エアドロップ)ならウェブページや画像を簡単に共有できます



スポンサーリンク

iPhoneを家族でお使いでしたら知っておいて欲しいのがAirDrop

教室で生徒の方とウェブページや画像の受け渡しをしてみたところ、

とても便利ですね!」と喜んでいただけました。

AirDropの使い方

AirDropを使うと今見ているウェブページを相手の画面に直接送信する事ができます。

サファリでページを閲覧している状態で画面下のマークをタップします。

AirDropで受け取り可能なiPhoneが表示されるので、iPhone名をタップするだけ。

これでお相手のiPhoneにウェブページを共有するとができました。

目的地の地図やオススメしたい商品ページなどを伝えるのに便利ですね

撮影した画像もエアドロップで送信できます

写真アプリを開いて、送信したい写真を選び先ほどと同じようにマークをタップします。

表示されたiPhone名を選べば送信完了。

AirDropを使うために注意する点は?

AirDropをするためには、事前に設定しておく必要があります。

自分のiPhoneの公開範囲を決めておく事で、データを共有できる相手を決められます。

設定アプリを開き、「一般」をタップします

一般の中から「Air Drop」をタップします

AirDropの公開範囲を選ぶことができます

  • 公開しない
  • 連絡先のみ
  • すべての人

普段は「公開しない」か「連絡先のみ」にしておくと安心です。

・・・というのも「すべての人」にしてあると

これはわたしが通勤中の電車内で確認した画面ですが、「すべての人」に設定してあると第三者からも共有できてしまうです。

これでは心配ですよね

連絡先に登録していない方と、写真をやり取りするときなど一時的に全ての人に変更して、

WEBページや画像のやりとりを終えたら、元に戻しておくのが良いです。

このようにスマートフォンには便利な機能が搭載されていますが、正しい使い方を知っておかないとコワイ機能でもあります。

安心してお使いいただくためにも、正しい知識をつけておく事が大切です

2020年に向けてパソコンやスマートフォンを活用できる準備を

2020年の東京オリンピックが開催される頃には、今よりもっとIOT化が進み、通信規格も4Gから5Gに変わると言われています。

家中の電化製品がスマートフォンと接続され、取り扱いが便利になります。

シニアの方がこうした時代にデジタル機器を便利に使えるように、シニアのパソコン.comでは情報発信し続けます。

『それではパソコン生活をお楽しみください』



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

15年間パソコン教室の講師を勤め、たくさんの生徒様からのご質問に真摯に向き合い、培ってきたことを1記事ごとにまとめました。 これからパソコンに挑戦される方にも、 さらにスキルアップをお考えの方にもお読みいただきたいブログにします