パソコンの辞書に登録のない文字の入力方法



スポンサーリンク

パソコンの変換画面に出ない漢字があります

変換候補にで出ない時に試したいのがIMEパッド

パソコンの画面右下に表示される「あ」、「A」を右クリックして使います

マウスを使って、手書きすることでパソコンが推測しながら漢字を検索してくれます。

一覧に該当する漢字があった場合、その漢字をクリックすることで入力できます。

その際、読み方を知ることも出来るので読めない字があった場合にも漢字辞書として応用できるため便利ですね。

今回生徒の方からご質問頂いた漢字は

という漢字でした

名簿を作成するにあたり、名前で使われているこの感じを入力したいとのこと

IMEパッドで手書きしましたが、表示されません。

インターネットで検索する

IMEパッドで出ない漢字を入力する方法

今回わたしからアドバイスさせていただいた方法は

インターネットで検索して、コピー貼り付けして利用する方法です。

まずインターネットの検索に

「木偏に奈」

と入力して検索しました。

検索結果に該当する漢字がありました。

ここで見つけた漢字をマウスで選択して

右クリックでコピーします

ワードの画面を立ち上げ、貼り付けをクリックします。

これで入力することができました。

特殊文字扱いになるので、他の文字と少し見た目が違っていますが、この生徒の方は手書きするよりずっと良いね。と気に入って下さいました。

パソコンでお困りのことはシニアのパソコン.comでご相談ください

こうしたテクニックも

「困ったなぁ」

から発展して見いだすことができます

パソコンを使っていると、多くの「困ったなぁ」がでてききます。

シニアのパソコン.comではお気軽にご質問いただけるページをご用意しています。

匿名でのご質問でも構いません。

パソコンでお困りのことがあれば、ぜひご利用下さい。

パソコンで困った時は
シニアのパソコン.comにご相談ください

パソコン教室を卒業して、質問できる場所がない方などにオススメしております。

『それではパソコン生活をお楽しみください』



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

15年間パソコン教室の講師を勤め、たくさんの生徒様からのご質問に真摯に向き合い、培ってきたことを1記事ごとにまとめました。 これからパソコンに挑戦される方にも、 さらにスキルアップをお考えの方にもお読みいただきたいブログにします