インターネット回線の整備していますか?




間違って削除したファイルの復旧はお任せください

新型コロナウイルスの感染拡大により、ご自宅で過ごす時間が増えました。
外出自粛の中、話題になっているのがインターネットを利用した、オンライン飲み会オンライン帰省
他にもインターネットショッピングや、YouTubeといった動画サービスを利用する機会も増えているのではないでしょうか?

様々なインターネットのサービスを利用していると気になるのが回線速度です。

下記のご経験はありませんか?


ビデオ通話をしていると、会話が途切れ途切れになってしまう

動画閲覧中、読み込み時間が長くなる。動画が止まってしまう。

生徒の方からご相談いただき、確認したところ
インターネットの契約から10年以上が経っており、モデム・ルーターもその当時のまま
とおっしゃいます。

パソコンを購入した時にお店の方から勧められるがままに契約したプランで、なんとなくインターネットを使っていませんか?
現在のインターネットの契約は、本当に自分に合った契約になっていますか?

実際にインターネットの契約を変更することで、月々の利用料金も安くなるケースがあります。
インターネットの利用機会が増えている今だからこそ、ご契約内容を確認しておくことをお勧めします。

Wi-Fiにつなぐ機器が増えた

このようなケースでは、インターネット回線の見直しが必要かもしれません。スマホやタブレット、パソコン、テレビなどのデジタル家電、ゲーム機など、Wi-Fiにつながる機器が増えていませんか?
Wi-Fiルーターには対応する規格やアンテナの数によって転送速度に上限があり、その範囲でつながっているWi-Fi機器に分配します。Wi-Fiにつなぐ機器が増えると、1台当たりの分配が少なくなり速度が遅くなります。Wi-Fiにつなぐ機器が増えたらWi-Fiルーターの買い替え時です。

インターネット動画をよく見る

Youtubeなどの動画サービスを利用することが増えていませんか?
動画を見ていて、再生中に止まってしまう、画質が悪くて字幕も読みにくいといった症状があるなら、Wi-Fiルーターの買い替え時です。
まずは利用しているWi-Fiルーターについて調べてみましょう。

スマホ・タブレットを買い替えた

スマホやタブレットを買い替えましたか?
最新のスマホやタブレットは、最新の超高速Wi-Fi規格に対応しているため、2~3年前と比べてWi-Fi接続時の通信が格段に速くなっています。スマホやタブレットを機種変更した時もWi-Fiルーターの買い替え時であるといえます。

上記のケースに当てはまる場合は、インターネット回線の見直しや、Wi-Fiルーターの買い替えで環境が改善するはずです。

最新のWi-Fiルーターは11ac

最新のWi-Fiルーターは11acという超高速Wi-Fi規格に対応しています。11acに対応のスマホやタブレット、パソコンを超高速で使うには、Wi-Fiルーターも11acに対応している必要があります。11ac対応のWi-Fiルーターに買い替えると従来の11n対応モデルのWi-Fiルーターと比べて、最大約11倍(規格値)の高速化が可能です。対応しているWi-Fi規格とアンテナの本数で速さの上限が異なります。Wi-Fiに接続する機器の台数や対応しているWi-Fi規格を確認して、最適なWi-Fiルーターに買い換えましょう。

お使いの回線速度を計測してみましょう

オンライン〇〇といったインターネットサービスを利用する機会が増えているなら、一度お使いの回線速度を計測してみましょう。

やり方は簡単です。以下のURLをクリックしてみてください。

https://fast.com/ja/

このような画面が表示されたと思います。

この画像は、実際の生徒の方のご自宅で計測したものです。この生徒の方はADSL回線を利用しておられました。

動画の閲覧やビデオ通話が途切れ途切れになってしまうことがあるそうです。

ZOOMを利用するのに適した回線速度は?

ZOOMを利用するために必要な回線速度は、15Mbps以上がよいそうです。

1対1でのビデオ通話と、1対多数のビデオ通話では環境は違うと思いますが、まずはご自宅の環境を知っておくようにしてください。

最適なネット回線の選び方

最適なネット回線を選ぶ際には、お住いの環境を考慮する必要があります。

ネット回線といってもさまざまな種類がありますから、まずはご利用中のサービスプロバイダーにプラン変更などの相談をしてみるのがよいと思います。

パソコンの買い替え前に確認しておきたいインターネットプロバイダーの会員書類

私の教室でも、パソコンの買い替えをお考えの生徒の方が増えました。

パソコンの買い替え前にお手元にご用意いただきたいのが、インターネットプロバイダーの会員書類です。

この会員書類には、インターネット回線のID/パスワードや、メールアドレス、メールパスワードが記載されています。

新しいパソコンで、メールアドレスを引き続き利用するためには、この書類に記載されているID・パスワードを利用する必要があるからです。

書類の名称はプロバイダーによって違います。

  • BIGLOBE会員証
  • @nifty IDのご案内
  • OCN会員登録証
  • ぷらら会員登録証
  • So-net入会証

このような書類が見当たらない場合は、一度サポート窓口に相談しておくとよいでしょう。

 

今回は、インターネット回線の整備についてお伝えいたしました。

コロナウイルスの影響で、インターネットを利用した様々なサービスが注目されています。

この機会に、まずはご自宅の環境を知ることから始めてみてください。

今回の記事で解決しなかったら



ABOUTこの記事をかいた人

シニアのパソコン.comは、あなたのパソコンインストラクターです パソコンやスマートフォン、タブレットでお困りのことをご相談いただけます。パソコンの学習方法や、購入のご相談も承っております。 バナー広告の広告枠をお探しの企業・パソコンメーカー様へ シニアのパソコン.comにバナー広告を出稿いただける場合は、直接ご連絡ください。(seniorpc2017@gmail.com)