Windows11のスタートボタンを使い慣れた画面左下に設置する方法




Windows11(ういんどうず いれぶん)が2021年10月5日より日本で正式にリリースされました。

アップグレードに対応しているパソコンはこれから順にWindows11にバージョンアップされるので、これから目にする機会も触れてくると思います。

Windows11で最初に目に付くのがデスクトップ画面の変更です。

今まで左下にあったスタートメニューが画面の中央になっています。

慣れてしまえば、まったく問題ない変更点ではありますがご年配の方にとってはとても大きな変化と感じてしまうことでしょう。

今回は、Windows11のスタートボタンの位置を従来の左側に変更する方法をお伝えします。

Windows11のスタートボタンの配置を変更する

デスクトップ画面下部のタスクバーを右クリックします。

タスクバーの設定画面が表示されました。

タスクバーの動作をクリックします

タスクバーの配置を「左揃え」に変更します。

設定は以上です。これでスタートメニューが左側に配置されました。

シニアのパソコン.comは、ご年配の方がパソコンでお困りになった時の手助けをするWEBサイトです。

Windowsのバージョンアップに伴い、今まで行ってきたことができなくなってしまったなどお困りのことは専用フォームを使ってご質問ください。費用は掛かりませんので安心してご利用ください。

今回の記事で解決しなかったら



ABOUTこの記事をかいた人

シニアのパソコン.comは、あなたのパソコンインストラクターです パソコンやスマートフォン、タブレットでお困りのことをご相談いただけます。パソコンの学習方法や、購入のご相談も承っております。 バナー広告の広告枠をお探しの企業・パソコンメーカー様へ シニアのパソコン.comにバナー広告を出稿いただける場合は、直接ご連絡ください。(seniorpc2017@gmail.com)