シニアのパソコン.comでパソコン・スマホのトラブル解決!

パソコンやスマホでのお困りごとを写真付きで解決しています。
>>困ったこと・知りたいことを検索する<<
「わからないことだけ知りたい」
「困ったことだけ解決したい」
とお考えの方は、まず検索してみてください

ご年配の方がiPhoneのカメラでインスタ映えする写真を撮影する方法(誤って連写にならずに撮影できます)



スポンサーリンク

iPhoneをお使いの生徒の方とのお話です

「カメラ」アプリを使う際、どうしても連写になってしまう。との事

試しにシャッターを切ってもらいましたが、「カシャカシャカシャ・・・」と記者会見のような音と共に連続写真が撮れました。

必要な写真は撮れているから、そこまで気にしていないとの事ですが、ちょっと恥ずかしいようです。

ご年配の方は、iPhoneの画面をタッチするときに、ボタンを押すような感覚で押しすぎてしまうのでう。若い方だと指先で触れれば反応するとわかっていても、ご年配の方はそのような感覚に不安があるようです。

同じような事例がないかインターネットで調べてみることに

インターネットには、同じようなことで失敗してしまったという事例もあるので、たくさんの情報をすぐに入手することができます

iPhoneのシャッター音についても書いてありました

いくつかのサイトを見て、生徒の方にオススメできる方法を見つけました

音量ボタンでシャッターを切る方法

iPhoneでは通常、画面内にあるシャッターボタンを押して撮影します。

画面内のボタンを触れる際に、本体がブレてしまうことも多いと思います。

iPhoneの音量調節ボタンがシャッター代わりになる

ところが、iPhoneを横にした状態だと、音量調節ボタンがシャッターがわりになります

こうすることにより、カメラをしっかりホールドした状態でボタンを押し込むことができるのでご年配の方でも連写にならず、本体のブレも抑えて撮影することができるのです

この生徒の方にも試しにシャッターを切ってもらうと、「カシャ」っと気持ちよく撮影することができました。

これで「インスタ映え」する写真をバシバシ撮影して楽しんでもらいたいと思います。

今回は、iPhoneの撮影方法についてお伝えしたいのはもちろんですが、インターネットで様々な事例を検索するというのも便利なので、ぜひご活用いただければと思います。

『それではパソコン生活をお楽しみください』



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

15年間パソコン教室の講師を勤め、たくさんの生徒様からのご質問に真摯に向き合い、培ってきたことを1記事ごとにまとめました。 これからパソコンに挑戦される方にも、 さらにスキルアップをお考えの方にもお読みいただきたいブログにします