ipod touchでのスマホ基本操作の練習




間違って削除したファイルの復旧はお任せください

今回はipod touchでのスマホ基本操作の練習をまとめています

この記事は、スマホートフォンをはじめて使ってみようかとお考えの方で、一歩踏み出せない方へ向けた記事です
前回の記事はこちら>>いきなりスマホにするのが不安なシニアの方へ
スマホの練習をipod touchで挑戦して、自信がついたら実際にスマホのご契約をされるのをお勧めしています

ipod touchでの練習について

それでは実際にipod touchを使って練習してみましょう

ipod touchの初期設定

>>apple公式ページに詳しく掲載されています
appleIDを取得することで、アプリのダウンロードができるようになります
(この後iphoneに買い替えた場合は、今回作成したappleIDが使いまわせます)
(androidスマホの場合は、新たにグーグルアカウントを登録する必要があります)

初期設定が済んだら実践練習です

実践練習に入る際にご用意いただきたいのが、こちらの書籍です

  • 「世界一シリーズ」の世界一やさしいipad(480円)
  • 世界一やさしいスマートフォン・タブレット(780円)

※ipod touchで練習される方はipadの本をお使いください
すでにスマホ、タブレットをお持ちの方はスマートフォン・タブレットの本をお使いください

タッチ操作から、文字入力、検索、カメラ、地図など最低限の操作が身に付けることができる書籍です
書籍の多くが、「できることが多すぎて、読み切れない」ことがあります
教室の生徒様にも上記の書籍をお勧めしていて、大変役立ててくださっています
値段も手ごろなのが嬉しい所です
(書籍は時期によって手に入らないことがあります)

それでは書籍を元に練習してみてください、その際に画面のタッチ操作についてアドバイスいたします

タッチ操作でのポイント

指先で画面をコツコツと叩くようにするとうまく反応してくれません
指紋を当てるような感覚でタッチすると上手に反応してくれます

乾燥していると誤反応することがあるので、ハンドクリームなどをご利用ください

覚えていただくタッチ操作は以下の通りです

・タップ(指で軽くトンと叩く感じ)
・ダブルタップ(指先で2回連続でタップする)
・ロングタッチ(指先で押したままにする)
・スワイプ(画面に触れた指先を画面を押さえたまま動かす)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
慣れてきたら
・ピンチアウト(2本の指先で触れて広げる)
・ピンチイン(広げた2本の指先を閉じる)

タッチ操作に慣れてきたら、文字の入力練習をしてください

書籍での練習が終わりましたら、実際に生活の中で使ってみましょう
私がお勧めする使い方は

お買い物メモ

お買い物に行く際に、買い物メモを作って練習してください
用意するものは、スーパーのチラシとipod touchです

ipod touchのメモ帳アプリを使って買い物リストを入力します(入力練習)
次に、チラシの特売品をipod touchのカメラアプリで撮影します(カメラ撮影練習)
メモ帳内に撮影した写真を挿入できれば買い物メモの完了です

お買い物の際にipod touchを持っていきます

このipod touchをお店に持っていき、実際に買い物してください
ipod touchは外出先ではインターネットはできませんが、こうしたメモやカメラは使えます

ipod touchを身に付ける習慣をつけて、出番を増やすように心がけてください

こうしてipod touchに慣れてきたら、スマートフォンの購入に踏み切れると思います
私の教室に通う生徒の方の中にもこの順序でiphoneにされた方が何名もいらっしゃいます

スマートフォンに慣れるには、アプリになれるのが一番です。

お好きなアプリを入れて楽しんください。

今回の記事で解決しなかったら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

シニアのパソコン.comは、あなたのパソコンインストラクターです パソコンやスマートフォン、タブレットでお困りのことをご相談いただけます。パソコンの学習方法や、購入のご相談も承っております。 バナー広告の広告枠をお探しの企業・パソコンメーカー様へ シニアのパソコン.comにバナー広告を出稿いただける場合は、直接ご連絡ください。(seniorpc2017@gmail.com)