スマホやタブレットで奏でる「第3回 スマホ&タブレット合奏コンクール」開催



スポンサーリンク

2019年7月14日(日)に「第3回 スマホ&タブレット合奏コンクール」が開催されます。

スマホやタブレットの楽器アプリを奏でませんか?

主催の「花パソ」パソコン教室では参加演奏してくださるグループを募集中です。

スマホ&タブレットの合奏コンクールは、以前「毎日新聞」で取り上げられたこともありました

その時の記事はこちら

初心者でもタブレット合奏−毎日新聞朝刊記事

2018.07.15

コンクールには全国各地からご参加される方がいらっしゃるそうです

コンクール当日の7月14日は京都祇園祭が開催中ということもあり、京都観光も楽しんでみてはいかがでしょうか?

>>過去のコンクールの様子はこちら

>>セットでお得!日本旅行の「新幹線+宿泊」セットプラン

主催

エルダーコミュニケーションテクノロジー協会

NPO法人 花パソ 

スマホ&タブレット合奏コンクール開催の主旨

高齢者や障碍者の生きがいづくり、居場所づくり、仲間づくりや情報格差をなくすことを目的としてシニアや障碍者たちがスマホやタブレットの楽器アプリを使うことで音楽を楽み、ICTに親しみます。

開催日時

2019年7月14日(日) 1:00PM~4:30PM

会場

龍谷大学 響都ホール 9F大ホール
JR京都駅八条口より徒歩約1分 アバンティ9階

※本コンクールに関する会場への直接のお問い合わせはご遠慮ください。

演奏形態

2名様以上、最大15名迄のグループ合奏
(MIDIボード等使用不可、録音再生不可、生演奏のみ)

可能楽器

スマートフォン及びタブレットの楽器アプリ
※ピアノ、ギター、お琴、ドラムなど楽器アプリ等なんでもOKです。

演奏曲目

(1) 課題曲(必須)

「いつでも夢を」

「手のひらを太陽に」

「デイドリームビリーバー」

上記の曲の中から1曲
アレンジは自由です(3分以内)

参考音源、楽譜は花パソWEBページからお聞きいただけます。
編曲は自由です。
楽譜はこちらからダウンロードできます。

(2) 自由曲(任意)

5分以内の楽曲を自由に演奏ください。

参加規程

年齢、経験、性別 問いません。

参加費用

3,000円/1グループ

各賞

  • 課題曲:金賞(トロフィー、賞状、副賞)
  • 自由曲:金賞(トロフィー、賞状、副賞)
  • パフォーマンス賞(賞状、副賞)
  • 息がぴったりで賞(賞状、副賞)
  • AUおせっかい部賞(賞状、副賞)

ゲスト参加

指ヨシキ(大平 剛)様

作編曲・キーボーディスト・iPadプレイヤー・ボカロP
【iPad、iPhoneでの演奏活動】
「指ヨシキ」としてYoutube、ニコニコ動画でiPadDrumの演奏動画をアップ。
「Youtube:指ヨシキチャンネル」
https://www.youtube.com/user/oodairago
XJAPANのドラムカバー動画が国内外のニュースサイトで取り上げられる。
YOSHIKI本人もインタビュー記事で指ヨシキ動画を紹介。

アップルマン 様

iPhoneやiPad用の楽器アプリを使用したライブパフォーマンスの取り組みを行い、iPadで ドラムアプリを使用したiPad Drum Solo動画をYouTubeへ投稿した際、THE LOOPに 取り上げられ話題となりチャンネルトータル再生回数が一気に2,000万回を越える。
小学校5年生よりドラムを始め、中学校卒業後15歳で渡英。17歳よりジャズドラムの個人レッスンを受け、その後音楽専門学校ドラム科を首席で卒業。そこで知り合ったコロンビア人ギターリストとバンドを組み約8年間イギリスでの音楽活動を経て帰国。帰国後いくつかのバンドサポートを行い、現在地元長崎県佐世保市を拠点に活動している男女ユニット、 ”サンディトリップ”として活動中。

若宮 正子 様

今回も出演されます。
若宮正子さんは日本で最も有名な83歳かもしれない。
彼女に紐づけられた言葉は華々しい。「エクセルアート」「アプリ開発者」「TED出演」「国連演説」。
昨年、アップル社 ティム・クックCEOとの対談はメディアで大きく取り上げられた。


申し込み先・お問い合わせ

合奏コンクール実行委員会 ☎075-612-6099
E-mail:infogassou@gmail.com
URL:http://www.hanapaso.jp/sanka-contest.html



スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

15年間パソコン教室の講師を勤め、たくさんの生徒様からのご質問に真摯に向き合い、培ってきたことを1記事ごとにまとめました。 これからパソコンに挑戦される方にも、 さらにスキルアップをお考えの方にもお読みいただきたいブログにします