回覧板の作成で使える便利なテクニック




新元号に切り替わり、令和元年になりました。

元号の切り替わりとともに、教室では回覧板の作成・修正についてのお問合せをいただくことが増えました。

今回は、回覧板の作成で役立つテクニックをご紹介いたします。

文書を綺麗に揃えるのに、Wordの表機能が役立ちます。

以下の文書にも表を使って揃えている箇所があります。

表が使われている部分がわかりますか?

文書下部の赤枠内に表を使っているのです。

表を使うことで、文字の間隔を綺麗に揃えられる

スペースキーで文字を揃えようとすると、ずれてしまったというご経験はありませんか?

文章内に半角数字が混ざると、スペースキーでは綺麗に揃えるのが難しいのです。

表の罫線を非表示にする

表を挿入することで、文字を揃えて入力ができるようになります

このままでは、表内の文字が見ずらいため罫線を非表示にしておきましょう

表内でクリックしておくと、表ツール-デザインタブ、レイアウトタブが表示されます

デザインタブの「罫線」ボタンをクリックして「枠なし」に設定します。

罫線が非表示になり、文字が見やすくなりました。

文字の位置も綺麗にそろえることができましたね。

このようにWordでは表機能を使うことで、文字を綺麗に揃えることができます。

表の挿入方法

表の作成方法は、こちらの動画を参考にするとよいですよ

できるネットのテキストを合わせて購入すると自宅で学習することができます

インプレス出版 できるWord&Excel2019


 

生徒の方のSDカードのデータを復旧した時の記事はこちらEaseUSデータリカバリー活用編



ABOUTこの記事をかいた人

シニアのパソコン.comは、あなたのパソコンインストラクターです パソコンやスマートフォン、タブレットでお困りのことをご相談いただけます。パソコンの学習方法や、購入のご相談も承っております。 お問い合わせはこちら seniorpc2017@gmail.com