【日経BP】MOS Excel2016 Expert SUMIFS引数内の条件について




間違って削除したファイルの復旧はお任せください

備忘録として資料を残します

日経BP出版のMOS Excel2016 エキスパート

P,333 模擬プログラム5 プロジェクト1 タスク2

ワークシート「売上記録」の表の、性別が男性で、時刻が時間帯内(開始時刻以上で終了時刻未満)の価格の合計を、ワークシート「男性時間帯別売上」のセル範囲C5:C7に表示します。なお、ワークシート「売上記録」の表の列の範囲は、各列の見出しの名前で登録されています。

この問題でSUMIFS関数を利用するのですが、条件の考え方についてTwitterで佐藤嘉浩先生(@yosatonet)に教えていただくことができました。

佐藤先生、この場を借りてお礼申し上げます。

以下は、私なりの解釈を備忘録として残しておこうと思います。

SUMIFS引数内の条件について

&(文字列結合演算子)

前提条件
Excel内で「数値&文字」は数字ではなく、文字列として認識される
SUMIFSで利用する条件は「文字列」である

以下の画像で条件部分はそれぞれ文字列として認識されている

条件2は「11時以降」であればよいため、”>=11:00”でも成り立つ。

条件として成り立たないケース

“>=A5”は文字列として認識してしまいます(A5内の数値を取得できず、あくまでA5)

まとめ

SUMIFSの引数で利用する条件では、”>=”が以上という意味になり、セル番地を利用する場合は&を使って接合する。

印刷用のデータはこちら

PDF資料は印刷してご利用いただけます

この資料がどなたかのお役に立ったならうれしいです。

今回の記事で解決しなかったら



ABOUTこの記事をかいた人

シニアのパソコン.comは、あなたのパソコンインストラクターです パソコンやスマートフォン、タブレットでお困りのことをご相談いただけます。パソコンの学習方法や、購入のご相談も承っております。 バナー広告の広告枠をお探しの企業・パソコンメーカー様へ シニアのパソコン.comにバナー広告を出稿いただける場合は、直接ご連絡ください。(seniorpc2017@gmail.com)