インターネットの検索で思うようにページを調べられないという生徒の方へのアドバイス



スポンサーリンク

今回は、インターネット検索をした際に思うようなページに行き着くことができないというご質問にお答えいたします

教室に通うご年配の生徒の方が、パソコンでやってみたいことのひとつに「インターネットでの情報検索」があげられます
若い方にとっては、当たり前に思えるインターネット検索もご年配の方には敷居が高く感じてしまわれます

というのも、教室でインターネット関連のご質問で「検索しても思うように情報が得られない」というのが多いのです

なぜ思うように検索結果が得られないのでしょう?

 

インターネットで検索がうまくいかない原因 1

「アドレスバー」と「検索ボックス」を使い分けられていない

Windows10のパソコンでは、インターネットを閲覧する場合にMicrosoft Edgeを使います
最初に立ち上がる「スタートページ」にはアドレスバーと検索ボックスが表示されます。

URL(http:://~ではじまるインターネットアドレス)を直接入力するのはアドレスバー
検索ボックスには「キーワード」を直接入力します

画像を使って詳しくみてみましょう

アドレスバーに直接URLを入力すると、行き先のページにダイレクトに移動できます

「http://yahoo.co.jp」とアドレスバーに入力して、Yahoo!のページを表示してみてください

次は検索ボックスに検索ボックスに「ヤフー」と入力して検索してみましょう

検索ボックスにキーワードを入力すると、「検索結果ページ」に移動します

検索結果のページから、希望のページに移動してください(タイトルをクリックすると移動します)

アドレスバーと検索ボックスの使い分けを理解していないと、思うように検索ができません

失敗してもパソコンが壊れることも、お金が加算されることもありませんから、何度も練習してください

 

インターネットで検索がうまくいかない原因 2

先ほどの検索ボックスでキーワード検索をすると「検索結果」のページが表示されました

次は「シニア パソコン教室」で検索してみましょう

検索結果のページが表示されました

シニア パソコン教室」で検索した結果、先頭に表示されているのは検索結果の最有力候補ではなく、広告ページが先頭に表示されています

この広告をクリックしてしまい、思うようなページでないことで、検索を諦めてしまうケースが多いようです

検索結果のページを上手に使うために注意するポイント

検索結果の広告を見極めるためには、下の画像を参考に「広告」という文字を見つけることです

シニア パソコン教室」で検索すると、「広告」とつく検索結果は4件表示されているのがわかります

最有力候補は「受講生の声(シニアこそパソコンを)・・・」というホームページです

このように、パソコンでインターネット検索をする場合「記事」「広告」を見極めることが大切です

正しい知識と、見極める力を身に付けることで、パソコンはもっと便利な道具になります

ぜひ、この記事を参考にして検索の達人になってくださいね

『それではパソコン生活をお楽しみください』

今回の記事が面白かった!と感じてくださったら、
↓のアイコンをクリックいただけると励みになります
にほんブログ村 IT技術ブログ ITインストラクターへ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 PC家電ブログへ
にほんブログ村



スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

15年間パソコン教室の講師を勤め、たくさんの生徒様からのご質問に真摯に向き合い、培ってきたことを1記事ごとにまとめました。 これからパソコンに挑戦される方にも、 さらにスキルアップをお考えの方にもお読みいただきたいブログにします