パソコンのiTunesを使ってiPhoneのバックアップをする



スポンサーリンク

教室に通う生徒の方からご相談いただいた内容です

お持ちのiPhoneを機種変更する際に、バックアップの作成をしたいという事

iCloudを使えば簡単に行えますが、写真などの量が多いためパソコンのiTunesで行う方法を選びました

今回の記事でお伝えすること
対象者:iPhoneをお使いで、パソコンもお持ちの方
iPhoneのバックアップをiTunesで行いたいと考えている

iPhoneとパソコンを接続する

はじめに、iPhoneとパソコンは充電ケーブル(ライトニングケーブル)を使って接続します

パソコンと接続すると、iPhone側に確認メッセージが表示されるので、「信頼」をタップします

iPhoneではセキュリティ上、必ず接続時にパソコン側とiPhone側で接続確認を許可する必要があります

※iPhone側でこの操作をしないと、パソコン上にiPhoneのデータは表示されません

iTunesでの操作

接続されると、パソコン上にiTunesが自動的に表示されます

iTunesの画面でも接続時に確認メッセージが表示されるので、「続ける」をクリックします

これでパソコンとiPhoneの接続ができました

iTunesに接続しているiPhoneの情報が表示されます

iTunesの「iPhoneアイコン」をクリックしてください

iPhoneのバックアップを行う

iPhoneのバックアップをパソコン内に作成するには、バックアップ項目内の「このコンピューター」にチェックを入れ、「今すぐバックアップ」をクリックします

しばらく待つとバックアップが完了します(日付が最新になります)

新しいiPhoneへの機種変更を行う場合、このバックアップした時点での情報が引継ぎされます

iTunesでiPhoneのバックアップを行う場合、iTunesを最新状態にしておく必要がある

iTunesでバックアップを作成するには、常にiTunesを最新の状態にしておく必要があります

最新の状態になっているか?を確認するには、画面上部の「ヘルプ」メニューの「更新プログラムの確認」をクリックします

更新プログラムがある場合は、この操作で更新されます

いざiPhoneのバックアップを行おうとしたときに、iTunesが最新状態になっていないとiTunesの更新に時間を取られてしまいます

月に何回か、iPhoneのバックアップを取るためにiTunesと接続し、バックアップと更新を習慣にしておくことをお勧めします。

※iCloudでバックアップをしている場合は、自動的にバックアップするためパソコンとの接続は不要

デジタル機器を便利に使うためには、普段からメンテナンスを心掛けることがポイントとなります

『それではパソコン生活をお楽しみください』

 

 



スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

15年間パソコン教室の講師を勤め、たくさんの生徒様からのご質問に真摯に向き合い、培ってきたことを1記事ごとにまとめました。 これからパソコンに挑戦される方にも、 さらにスキルアップをお考えの方にもお読みいただきたいブログにします