入力モードの切り替えボタン(IME)消えてしまった時の設定確認




間違って削除したファイルの復旧はお任せください

生徒の方から、入力形式の変更ボタン(IME)が消えてしまったとご相談いただきました。

普段、表示非表示を切り替えるものではないため、Windows更新プログラムが影響しているのではないかと考えられます。

今回は、IMEボタンの表示確認を行う手順についてご説明させていただきます。

入力形式の変更ボタンの表示非表示の確認方法

普段、パソコン画面の右下に表示されている入力形式の変更ボタン。

この「A」←→「あ」が消えてしまったとご相談をいただきました。

確認手順

スタートボタンをクリックして、設定を開きます。

Windowsの設定画面の「デバイス」をクリックします

Bluetoothとその他のデバイスが表示されます。項目内の「入力」をクリックします。

入力画面が表示されました。「その他のキーボード設定」項目にある「キーボードの詳細設定」をクリックします。

キーボードの詳細設定では、下の画像のように入力方式の切り替えのチェックボックスを変更してください

チェック外す:アプリウィンドウごとに異なる入力方式を設定する

チェック外す:使用可能な場合にデスクトップ言語バーを使用する

次に、言語バーのオプションをクリックします。

テキストサービスと入力言語ウインドウが表示されます。

言語バー部分を下の画像を参考にして、同じようにしてください。

チェックする:表示しない

チェック外す:言語バーがアクティブでないときは透明で表示する

チェック外す:言語バーアイコンをタスクバーで表示する

チェック外す:言語バーのテキストラベルを表示する

この操作で、パソコン画面右下の入力形式の変更ボタンが表示されます。

今回は、入力形式の変更ボタンの表示非表示を確認する方法についてご説明させていただきました。

パソコンには使う人に合わせた「設定」を自由に行うことができます。

ご年配の方には、マウスポインターを大きくする設定、ポインターの動作を遅くする設定などがおすすめです。

マウスポインターについて詳しく知りたい方は、ぜひこちらの記事をお読みください。

マウスの設定変更でパソコン操作が上達します(大きさ・速度を調整できる)

2017年12月15日

今回の記事で解決しなかったら



ABOUTこの記事をかいた人

シニアのパソコン.comは、あなたのパソコンインストラクターです パソコンやスマートフォン、タブレットでお困りのことをご相談いただけます。パソコンの学習方法や、購入のご相談も承っております。 バナー広告の広告枠をお探しの企業・パソコンメーカー様へ シニアのパソコン.comにバナー広告を出稿いただける場合は、直接ご連絡ください。(seniorpc2017@gmail.com)