シニアのパソコン.comの使い方

パソコンでお困りなことや知りたいことは、シニアのパソコン.comで解決できますよ。

>>知りたいことを検索する方法<<

メールが相手に送信できたか確認する方法



スポンサーリンク

生徒の方からご質問いただきました

「メールが送信できたか、確認する方法はありませんか?」

メールは時間帯を選ばずいつでも連絡が取れるためとても便利ですが、

  • メールがちゃんと送信できたか?
  • メールがどのように届いたか?

とご不安になる方も少なくありません

今回はこうした疑問を解決するために「BCC」を活用した、メールの確認方法をお伝えします

BCCを活用して、メールの送信確認を行う

メールを送信する際、「宛先」「CC」「BCC」を使い分けすることができます

「宛先」とは

メールを送りたい相手(主送信先)のメールアドレスを入力します。

カンマで区切って複数のメールアドレスを入れることもできます。

「CC」とは

カーボン・コピーの略です。

基本的には、複数の人にメールを送る時に入力します。主送信先(宛先)に対して副送信先がいる場合はCCにメールアドレスを記入します。

・CCに入力した相手には、宛先に送るメールと同じメールが配信されます。
・CCに入力したメールアドレスはメールを受け取った人も参照できます。

「BCC」とは

ブラインド・カーボン・コピーの略です。

CCと同じく複数の人にメールを送る時に入力します。

・BCCに入力した相手には、宛先に送るメールと同じメールが配信されます。
BCCに入力したメールアドレスはメールを受け取った人からは参照できません

BCCを使うことで、宛先に選んだ方に知られずにメールを送ることができるのです

今回はBCCに自分のメールアドレスを入力して、宛先で選んだ方へ送ったメールを確認できるようにします。

BCCに「自分」を含めるために、アドレス帳にご自身のメールアドレスを登録しておく

メールアドレスは毎回入力するのが大変なので、アドレス帳に登録しておくと便利です

Outlook2016を使ってアドレス帳にご自分のメールアドレスを登録する方法をご説明します

Outlookの連絡先を開きます(人型アイコンがアドレス帳です)

「新しい連絡先」をクリックすると、新規登録の画面が開きます

  • 性「自分」、名「メール確認用」とそれぞれ入力しました
  • 表題「自分メール確認用」
  • メールアドレスを入力します

アドレス帳にわたしのアドレスが登録できました

実際にメールを作成してみましょう

いつも通りにメールを作成し、宛先選択の画面でBCCにご自分のアドレスを選択します

これで送ったメールがすぐにご自分の受信ボックスに届きます

  • 受信ボックスに届いていれば、送信は成功しています
  • 届いたメールを確認して、どのように届くのかも確認していただけます

ちょっとした工夫で、電子メールの管理もやりやすくなりますね

『それではパソコン生活をお楽しみください』

シニアのパソコン.comはブログ村のランキングに参加しています

この記事が役に立った!と感じてくださったら、ぜひ下のバナーをクリックしてください

にほんブログ村 IT技術ブログ ITインストラクターへ
にほんブログ村



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

15年間パソコン教室の講師を勤め、たくさんの生徒様からのご質問に真摯に向き合い、培ってきたことを1記事ごとにまとめました。 これからパソコンに挑戦される方にも、 さらにスキルアップをお考えの方にもお読みいただきたいブログにします