WordやExcelファイルのプロパティを確認する方法




間違って削除したファイルの復旧はお任せください

WordやExcelなどのファイルにはプロパティと呼ばれ、ファイルの内容(タイトル・作成者名・件名)が特定できるようキーワード情報が記録されています。

今回は、ファイルのプロパティを確認する方法と、作成者名の変更方法についてお伝えします。

ファイルのプロパティを確認する

今回は、Wordファイル「投稿指導のお願い」について調べてみます。

ファイルのプロパティを確認するには、調べたいファイルにマウスポインターを重ねてマウスの右ボタンをクリックします(右クリック)

右クリックすることで、メニュー画面が表示されます。

「プロパティ」をクリックすると、資料の詳細情報が確認できます。

「全般」タブと「詳細」タブで画面の切り替えが行えます。詳細をクリックしてファイル内容を確認してみましょう。

ファイルのプロパティを確認することで、誰が。いつ。ファイルを作成したのかが確認できますね。

次に、ファイルの作成者の変更方法をお伝えします。

作成者の変更方法

WordやExcelのファイルタブをクリックして、「オプション」を開いてください。

オプション画面の全般内に、ユーザー名が表示されていますね。

ユーザー名を変更してOKボタンをクリックすれば、作成者に表示される表示名を変更することができます。

今回の記事で解決しなかったら



ABOUTこの記事をかいた人

シニアのパソコン.comは、あなたのパソコンインストラクターです パソコンやスマートフォン、タブレットでお困りのことをご相談いただけます。パソコンの学習方法や、購入のご相談も承っております。 バナー広告の広告枠をお探しの企業・パソコンメーカー様へ シニアのパソコン.comにバナー広告を出稿いただける場合は、直接ご連絡ください。(seniorpc2017@gmail.com)